PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

PBが行く!

歳のせいか記憶が・・・・
自分のための健忘録みたいなもですので
使用はご自由ですが、自己責任で・・・・・
どうか、参考程度にしてくださいね
もっと別の方法があれば是非教えてください!
フォーム・サイズの変更範囲に制限
0
    Me.MinimumSize = New System.Drawing.Size(200, 200)
    200×200よりも小さくならない
    Me.MaximumSize = New System.Drawing.Size(500, 500)
      500×500よりも大きくならない

    フォームのサイズ制限を実装すると、
    指定した最小サイズ〜最大サイズの範囲でしか
    フォームのサイズを変更することができない。
    また、どちらか一方だけを指定することも可能
    | (VB2005・2008) | 23:39 | comments(0) | - | - | - |
    フォームのサイズを変えるとコントロールのサイズも変わる
    0
      摩耶の工工四帳で、

      Formの大きさを変更しても、
      配置したコントロールの位置や大きさは変わりませんでした。
      なんで、力技的に
      B5サイズとタブレットPC用に2つ作ってしまったけど
      他のPCだと、解像度もディスプレーのサイズも違う時
      それぞれ、作るのは大変だ!


      フォームのサイズが変わったらそれに対応して
      表示されている工工四帳も変わってくれたらいいのになぁ・・・・


      なんて、思っていたら、
      ありました!

      プロパティを設定するだけで、自動的に代わってくれる方法が!

      テキストボックスのAnchorプロパティを

      これで、実行時にフォームのサイズを変更すると、
      ピクチャーボックスの大きさが自動的に変化します
      | (VB2005・2008) | 22:02 | comments(0) | - | - | - |
      文字列の一部を抜き出す★1
      0
        nexthttp://p.maya.littlestar.jp/?eid=1147730
        タブのインデックスで判定すると
        行がかわると、奇数偶数での判定が変わる
           (0からインデックスNoを振るため)ので、

        コントロールの名前の数字部分を判定するように変更

        Dim St As String
        St = Label1.Text
                '(Label1にActiveControl.Nameを割り当てている)
        'Textbox**の*(8文字目以降)を取得している()
        Dim index As String = Mid(St, 8)

        If index Mod 2 = 1 Then
        Me.Controls(Label1.Text).Text = "○"
        Else
        Me.Controls(Label1.Text).Text = "╍"
        End If
        | (VB2005・2008) | 10:22 | comments(0) | - | - | - |
        偶数・奇数の判定
        0
          商の余りを計算する演算子のModを使います。

          If Me.Controls(Label1.Text).TabIndex Mod 2 = 1 Then
                 '奇数M(od 2 = 1)ならば
          Me.Controls(Label1.Text).Text = "╍"
          Else
          Me.Controls(Label1.Text).Text = "○"
          End If

          上記プログラムは
          Label1の内容をコントロール名に変換して
          タブのインデックスを判定しています
          | (VB2005・2008) | 09:50 | comments(0) | - | - | - |
          コントロールに同じコードを書くとき
          0
            工工四エディターを作成するとき
            勘所のテキストボックスに同じコード
            (クリックしたときにバックカラーを変えるという)を
            書かなくてはいけませんでした

            Private Sub TextBox1_Click(ByVal sender As Object, ByVal e As
            _System.EventArgs) Handles TextBox1.Click
            Label1.Text = ActiveControl.Name
            Me.Controls(Label1.Text).BackColor = Color.SkyBlue
            End Sub

            1枚の工工四に、半音もいれると
            勘所の数は312個
            当然テキストボックスの数も312個

            方法は
             ー蠡任舛
            Private Sub TextBox1_Click(ByVal ・・・・・
                  ・
                  ・
                  ・

            Private Sub TextBox312_Click(ByVal ・・・・・
            撃沈撃沈撃沈撃沈撃沈撃沈撃沈撃沈撃沈
            無理!無理!

            ◆ー蠡任舛
            Private Sub TextBox1_Click(ByVal sender As Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles TextBox1.Click, TextBox2.Click, TextBox3.Click, ・・・・・・・・・・・ TextBox312.Click
            撃沈撃沈撃沈撃沈撃沈撃沈撃沈撃沈撃沈
            無理!無理!

            適用したいテキストボックスを複数選択して

            実行すると
            あら不思議てれちゃう

            Private Sub TextBox1_Click(ByVal sender As Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles TextBox1.Click, TextBox9.Click, TextBox8.Click, TextBox7.Click, TextBox6.Click, TextBox5.Click, TextBox4.Click, TextBox3.Click, TextBox24.Click, TextBox23.Click, TextBox22.Click, TextBox21.Click, TextBox20.Click, TextBox2.Click, TextBox19.Click, TextBox18.Click, TextBox17.Click, TextBox16.Click, TextBox15.Click, TextBox14.Click, TextBox13.Click, TextBox12.Click, TextBox11.Click, TextBox10.Click

            Label1.Text = ActiveControl.Name
            Me.Controls(Label1.Text).BackColor = Color.SkyBlue
            End Sub

            自動的に変わっていますハート

            どのテキストボックスがクリックされたかは、
            引数senderで判別できます。

            MsgBox(sender.ToString)




            | (VB2005・2008) | 01:43 | comments(0) | - | - | - |