ちょっとおかしなコラム

その他 comments(0) - 摩耶

奥さん「牛乳1つ買ってきて。

     卵があったら、3つ買ってきて」


プログラマーの旦那さんが買ってきたものは


牛乳、3つ


奥さん「牛乳1つって言ったじゃない

     何で3つも買ってきたの❗」


プログラマーの旦那さん

   「だって、卵があったから・・・・」


うんうん・・・・・・って思ったあなた❗


既に、プログラマー脳だそうです。


奥さん

Sub

牛乳1つ買ってきて。

End sub

Sub

卵があったら、3つ買ってきて

End sub

なんです。


でも、旦那さんは

Sub

牛乳1つ買ってきて。

     卵があったら、3つ買ってきて

End sub

なんですねぇ


解ります?

私的には、ちょっとツボにはまっちゃいました

面白い(((*≧艸≦)ププッ

演算子の違い

スプレッドシート comments(0) - 摩耶
等価 == 左辺と右辺が等しい場合、trueを返す 1==1 true
1==2 false
厳密等価 === 左辺と右辺が等しく、データの型も同じ場合、trueを返す 1===1 true
1===’1′ false
不等価 != 左辺と右辺が等しくない場合、trueを返す 1!=2 true
1!=1 false
厳密不等価 !== 左辺と右辺が等しくなく、データの型も同じではない場合、trueを返す 1!==’1′ true
1!==1 false

より

小さい

< 左辺が右辺より小さい場合、trueを返す 1<2 true
1<1 false
以下 <= 左辺が右辺以下の場合、trueを返す 1<=1 true
1<=0 false

より

大きい

> 左辺が右辺より大きい場合、trueを返す 1>0 true
1>2 false
以上 >= 左辺が右辺以上の場合、trueを返す 1>=0 true
1>=2 false
除算 % 左辺÷右辺 10%2 5

奇数行か偶数行か調べる

スプレッドシート comments(0) - 摩耶

function セル() {
  var spreadsheet = SpreadsheetApp.getActive();
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
 var sheet = ss.getActiveSheet();
           
 var range = sheet.getActiveCell();//選択されているアクティブなセルを取得 

     
 var row = range.getRow();  //アクティブセルの行数をrowへ格納
     
 Logger.log(row);  //ログ確認


if (row%2==1) {
 spreadsheet.getActiveRangeList().setBackground('#ffffff') // 奇数行の色 白
} else {
 spreadsheet.getActiveRangeList().setBackground('#f3f3f3')// 偶数行の色 グレー
}
  spreadsheet.getActiveRangeList().clearContent()    // セルの値だけを消去
}

 

 

 

ボタンに割り当てました。

奇数行か偶数行か調べる

(エクセル)1 comments(0) - 摩耶

=MOD(ROW(),2)=1

=MOD(ROW(),2)=1というのは
行数÷2=割り切れない時、つまり奇数。

 

今回は、セルの値を空白にして

奇数行の時はセル色を白

偶数行の時はセル色をにグレーにする

スクリプトをボタンに埋め込みたいと

 

ROW()は行の段数

MOD(A, B )はA÷Bで

余りがある(1)か余りがない(0)かを返す関数


余りが出る場合は=1
余りがない場合は=0

 

MOD(行数, 2 )

行数を2で割って余りがあるという事は

奇数行→白
行数を2で割って余りがないという事は

偶数行→グレー

 

 

 

 

シートを開いたら今日に

スプレッドシート comments(0) - 摩耶

★日付が横並びで、今日列を選択

 

/*シート開いたら今日の日付列を選択(日付横並びVer)*/
function onOpen(){
  var ss = SpreadsheetApp.getActive();
  var sht = ss.getSheetByName('シート名).activate();
            ss.getRange('B1').activate();
 
  //列数をゲッツ
  var kyou = ss.getCurrentCell().setFormula('=MATCH(TODAY(),2:2,0)');    //2:2は行数
             ss.getActiveRangeList().setNumberFormat('0');
  var day = ss.getCurrentCell().getValue();
 
  //今日の日付のセルに移動
            sht.getRange(2,day).activate();      //2は行数
 
  //列を選択
  var val = ss.getCurrentCell().getA1Notation().slice(0,1); 
  var col = val+':'+val;
            ss.getRange(col).activate();
 
  kyou.clear();
}

 

★日付が縦て並びで今日行を選択

/*シート開いたら今日の日付行を取得(日付縦並びVer)*/
function onOpen() {
  var ss = SpreadsheetApp.getActive();
  var sht = ss.getSheetByName('シート名).activate();
            ss.getRange('B1').activate();
 
  var kyou = ss.getCurrentCell().setFormula('=MATCH(TODAY(),A:A,0)');   //A列に日付が縦並び
             ss.getActiveRangeList().setNumberFormat('0');
  var day = ss.getCurrentCell().getValue();
 
  //今日の日付のセルに移動
  var cell = 'A' + day;
  ss.getRange(cell).activate();
 
  //今日の日付の行を選択
  var row = day+':'+day;
  ss.getRange(row).activate();
 
  kyou.clear();
 
}

 

★セルに日付を入力して行を選択 

 

function 指定日へジャンプ() {
  var ss = SpreadsheetApp.getActive();
  var sht = ss.getSheetByName('シート名').activate();
            ss.getRange('B1').activate();
 
  var kyou = ss.getCurrentCell().setFormula('=MATCH(K36,A:A,0)');   //K36に日付を入力 A列に日付が縦並び
             ss.getActiveRangeList().setNumberFormat('0');
  var day = ss.getCurrentCell().getValue();
 
  //今日の日付のセルに移動
  var cell = 'A' + day;
  ss.getRange(cell).activate();
 
  //今日の日付の行を選択
  var row = day+':'+day;
  ss.getRange(row).activate();
 
  kyou.clear();
 
}

 

無料ブログ作成サービス JUGEM